「カンファレンスカメラマンカンファレンス」というイベントに登壇してきました

先日IT企業内の社員カメラマンが集まる情報交換会「カンファレンスカメラマンカンファレンス」というイベントで喋ってきました。DMMの本社があるビルは東京タワーも展望できる広くて素敵な場所・・。

アスキーに当日の様子が分かる記事が出ています(自分は2ページ目)

http://ascii.jp/elem/000/001/536/1536766/

本多はある意味で純粋育成のフォトグラファーではなく、映像・ウェブ・印刷・デザインなど多方面に関わってきましたので(他にもいろいろあるのですが)逆にそれがいろんな分野の人とコミュニケーションが取れるという、業態のマルチリンガルであり強みだと思っています。

ITエンジニアさんらを前にして、その空気感を踏まえた上でしゃべれるフォトグラファー・・フォトグラファーにして、ドメインの適切な取得とサーバー手配とブログシステムのインストールなどなどまでできる、なんてのはだいぶ少数派ではないでしょうか。

それはつまり【写真教室講師ということ】に非常に活きています。

なぜならば、プロになりたくてその撮影分野に特化したプロフォトグラファー(毎日撮影しかしてない)に師事するのはある意味アリですが、写真教室への参加者の皆さんには本業だったりの日常がある…その上に写真を学びたいということであると思うので

写真を専業にしていないみなさまと接するにあたって、日頃から「写真のこと以外にも目を向けているかどうか、写真が軸でありつつも多様な好奇心を自分自身持てているか・・」そういったことの重要性を日々考えています。

もちろん今の自分にとって写真が「本職」であるわけですが。
自分としては100%写真しかしていない(知っていない)というよりは、常になにかしらと掛け合わせられたらいいなと。

今でも、写真家さんの個展のDMや、今度のパリ展示のウェブサイトなどやこの教室のウェブサイトは基本的に自分個人でサクサクやっているので、まだまだ現役で各種デザイナー業もやっていたりします(写真に関係でなかったりもっとまとまった案件であれば、信頼できる協力先もちゃんとありますが)。

そんな活動情報もポチポチアップしていきたいと思っています。

9月クラス募集中です!

レクチャー&講評6回+撮影実習会2回の全8回になりました。
日程など開催概要をご確認ください。
http://kittsha.com/admission