個人でやっているからこその柔軟性があるカリキュラム

先日の展示会に際に、何人かの方から「こういう写真を撮りたいのだけどそういうのも対応できますか?」だったり「カメラの機種はどんなのがいいですか?」というようなことを聞かれました。

吉祥寺のこの写真教室は言うなれば建設前の空地です(基本的な資材はご用意しています的な)

まず、カメラの機種は特になんでも大丈夫です。
本多が使っているのがPENTAXなので、RICOHとPENTAXには強いですが、概ねどのメーカーでも大丈夫です。基本的にどのメーカーどの機種でもカリキュラム上は「カメラの基本概念」なので同じです。
強いていえば、コンデジの方がコンパクトに収める都合上いろいろなことがメニューの中の中や、設定するのに行程が一眼レフよりも必要だったりする可能性が多いですが、でもやっぱり基本概念は一緒です。

そしてスマホでも大丈夫です
レンズ交換式のカメラの話でカリキュラムを組んでいますので、カメラ機材としての話にはなりますが、写真の基本概念として「どういうふうにして写真は写っているのか」という話はそのまま「つまりスマホのカメラはそれをどのようにして再現しているのか」というような理解につながりますし、構図の話などはむしろスマホの方が分かりやすかったりします。

カメラとしての能力としても最近のスマホは良いですし。
iPhoneにおいてはまず問題ないです。アンドロイドの機種でもそれなりの価格帯のものは標準のカメラでも実はけっこういろいろできます。

カリキュラムはあるがオーダーメイドな側面もある

空地……というような表現をしましたが。

写真教室として一応の各回のテーマみたいなものはご用意しています。
大枠としてお伝えしたい本筋はあります。
その基本原理みたいなところはどの時期にご参加いただいても同じです。
ですが、集まってきた方々の属性や状況をみた上で内容のバランスは調整していたりします。
たとえば風景と撮りたい人、花とか植物が好きな人、人を撮りたい人、さまざまいると思います。
カメラの使い方や写真としての見方はベースとして大切なことではありますが、ご参加いただいているみなさんが撮りたいもの・興味を抱くものはなんであるか、その部分をより深く探求していく(人によってはそれを見るける)そんな機会になれば思っています。

そんなふうに柔軟にできるのは、今のところ講師単独開催であるからこそ、ということでそのメリットを上手く活かして参加同士みなさまと共に作り上げていければとも思っています。

7月28日昭和記念公園の写真撮影会!レクチャー&実践

公園撮影講座7月は昭和記念公園で開催します!
ついでにこの日は昭和記念公園の花火大会らしいです。人が多すぎて、講座としてはたぶん難しいと思うので、”ついでに”もし残れる人がいたら、ぜひ、ということで。。

風景や花・植物おいて光の考え方や撮り方、お子さんなどご家族のスナップとしての撮影方法のレクチャーをさせていただきつつ、参加者のご希望にも添いつつ撮影実習にもなるようにしてみたいと思います(お題をださせていただいてそれを撮影する時間など)

詳細はこちらhttp://kittsha.com/2018/06/410

9月クラス募集中です!

レクチャー&講評6回+撮影実習会2回の全8回になりました。
日程など開催概要をご確認ください。
http://kittsha.com/admission