カメラはなくても手元に携帯はあればいいじゃない、という話

ようやくじんわりと暖かくなってきたように思います。
新宿まで出てきたものの、カフェ難民になりました。本多です。

何ごともそうかもしれませんが、上手くなるためにはできるだけ毎日続けるということがあります。
習慣を作る、とも言えます。

これも「おや、良いコントラストだな」と思って(新宿某所にて)

もし、撮影することが上手くなりたいのであればなんとかして毎日撮ることです。
「今日なにか一枚でも撮れたら良いな」と思うまでもなく意識の片隅においておけると、いずれそれは息を吸って吐くのと同じような感じになります。

たまに「でもそういうときに限ってカメラがないんです」というお話をよく聞きます。
そうですよね。自分も普段からあの重たい黒い塊を持ち歩いているわけではないので、よくわかります。

でも携帯は携帯していますよね。
とりあえずそれでも良いと思います。とりあえずシャッター切っておくことが大事というか。撮るというアクションを起こすことが大事というか。時にはそんなことでも良いというか。
最近のスマホのカメラは相当良いですし。強いていえば、レンズの制約や機能的な制約とか目の前の光量とか条件に左右されるとか、逆にいうとその条件をキチンとわかっている上でどうしたら最大限良いアプローチができるか、と考えれば良いということでもあります。

あるいは、自分のスタイルに合わせて、携帯する用・キチンと撮る用、みたいな感じで分けても良いかも。
メモ感覚でコンパクトなデジカメを常にポケットに入れいてるフォトグラファーもいます。

それはけっきょくスマホでも十分代用できますが、個人的にはコンデジのメリットは一眼あるいはミラーレスよりも軽い、起動がスマホより早い、SDカードのやり取りがスマホよりも楽(スマホの場合は転送するかマイクロSDでもノートパソコンにアダプターとかかまさないと直接は刺さらないので行程がちょっと多くて面倒)というのが上げられます。個人的にはSONYのRX-100シリーズがオススメです。

問題は小さいながらも荷物はひとつ増える、ということ。

スマホとか携帯電話はほぼ忘れることはありませんが、コンデジはつい持ってき忘れたり充電忘れたり、ライフスタイルの中にいっこプラスしないといけないのがデメリットといえばそうなってしまうので。

もちろん人によっては、それが習慣になっている人もいますし、もっと普通に一眼レフとか持ち歩くことが常になっている人もいると思います。

いずれにしても、大事なのは「今日も一枚はなにか撮る」ということだけ心がけておいて、まずは必ず手元にあるスマホでも良いから、という気持ちを持って繰り返していく、ということですね。

ぜひ、「上手くなること」は「どうやったら習慣になるか」ということとの考察と同意語だと思います。

そこに「どう撮るか」というトレーニングが伴っていれば、ただ闇雲に撮るだけということも少なくなりますね!(と、いう営業的発言でまとめ 笑)

9月クラス募集中です!

レクチャー&講評6回+撮影実習会2回の全8回になりました。
日程など開催概要をご確認ください。
http://kittsha.com/admission