もうすでに? これからますますスマホカメラ侮りがたしなこと

2019年になってますますというか、常々考えているということでもあるのですが。

スマホのカメラとその他一般のカメラ(コンデジ/ミラーレス/一眼レフ)の境界線はもはやないと思っていて、極端な話業務をスマホひとつで行えなくはないとも思うのですよね。スペックはもちろん必要レベルというものがありますが、ジャーナリズムの分野ではだいぶ前からモバイルも全然ありのような話も見かけましたし、アメリカのTIMES誌など表紙用のポートレートをiPhoneで撮った事例もあるようです。

と、言いつつ実際に自分が「ポケットにスマホだけで」宜しくお願いしまーす、って言いながら現場に入ることはさすがに今のところないのですが……
対応分野的にそうですし、けっきょく一眼レフの機体の方がまず第一にレンズの選択肢というか対応力が必要だったり。

でも、

さすがにスマホは……ではありますが、使用先の媒体としてはAPS-Cくらいのセンサーサイズだったら(機体そのものが小さいカメラでも)十分だったり、しなくもないです。
特にウェブサイト用の記事とか。最終的に長辺1200ピクセルくらいのサイズに変換するわけで、そんな何十メガとかの容量逆に迷惑、みたいなことで(そのもとの撮影時は6000ピクセルとかあったりするので)
撮っている段階のデータ量的にはひとまず最低限以上はあるんですよね。

どちらかというと、小さいと、見た目の雰囲気的に未だに「え?」って感じになる気がします。
クライアントさんへのポーズということで、ちゃんとした「機材感」は、特に日本では最後まで残るような気もします。
そのフォローのために、ある程度の機材の大きさ=業務レベルみたいな印象。

年齢高めの人ほど「業務機」に対するイメージがあって。
というか、自分ですらうっすらとそういうのちょっとなきにしもあらずなのですが(笑

なんか、、小さい機材だと不安になる。。ような。

もちろんフルサイズセンサーだからこその深み、みたいのはありますし、
映像分野においては「大は小を兼ねる」という話でもあるので、なんだかんだフルサイズ機がベストな選択ということにはなる気もしますが……
もっと言うと中判デジタルがより一般的になってきたら、広告分野でもないのに中判で撮っているかもしれません。

と、
話がぐるっと回って戻って、
そんなふうに「大きさは正義」文化は依然としてあるものの、
画像の内容は機材のサイズに必ずしも比例しない、のが時代とともに顕著になってきて、特にスマホはめまぐるしすぎる勢いでレベルが上がっているということで。

個人的に、今、分類としては
スマホとコンデジ/ミラーレスと一眼、みたいな感じですよね。
レンズ交換できるのか、そうでないのか、そんなくらいの違いで。

レンズの設計とか光学的に絞りが調整できるとか、画像を処理するエンジンとか細かい話を置いておけば、
たとえば、RICOHのGRは28mm相当の単焦点ということで、iPhoneも6が29mmとかそれ以降のXとか28mmなのでスタートラインは似たような感じじゃないかと(ちょっと無理やりすぎるでしょうか)

と、そんなわけで2019年以降ますますモバイル環境での撮影、ということにも注目していきたいと思っています。
写真教室という分野もそれにともなっていろいろ過渡期なようにも思います。

とと、
そんなわけで(二回目)
今年は定期的にスマホ講座も計画していきます。
まずは第三日曜という枠で実施していきます。この日は吉祥寺でマルシェやっているんですよね。ちょうど。

次回は1月20日、あとお一人受付できます!

ストリートアカデミーにて募集中
スマホ撮影トレーニング〜基本と実践〜
https://www.street-academy.com/myclass/38110?conversion_name=direct_message&tracking_code=ce7348016f3e7d9680ed77b8879cfc23

*「APS-C」や「フルサイズ」はカメラが持っている撮像素子(像を受け取るセンサーの大きさ)で一般的なフィルムカメラのフィルムサイズである35mmというのを「フル」としていろいろあります。センサーのサイズはレンズの焦点距離を判断するのに必要だったりするので把握しておくと良い情報です。

アイキャッチ画像
https://pixabay.com/en/phone-phone-camera-camera-scenery-1149925/

2019年2月より新スタイルで始めます

従来の「写真教室」のスタイルからもうちょっと考え方を変えようと思っています。 http://kittsha.com/admission