スマホカメラと吉祥寺マルシェを巡る視覚と味覚の講座。

スマホのカメラの基本講座を開催しておりました。

第三日曜日ということで、吉祥寺では街のイベントとして場所場所でマルシェも開催していまして。

今回ちょうど「この日どうですか?」という候補日の中に第三日曜日があったので、それに設定させていただいて、開催日に関しては昨年いろいろ考えていたところでもあったので、2019年からはひとまずこの枠を固定としてやってみようかと思っています。

次回は2月17日、そして3月も募集を出しました

ストアカを見ると「受けたい」のオファーが多いのはあと「写真を撮ったままから”もう一歩”!ソフトを使った基本の調整作業」というタイトルがあるのですが、こちらはとりあえずテーマを立ち上げたままで、実際に本講座開催できてないのですが(一回、教室受講生の方に実施させていただいたことはありますが)
こちらも、いっそスマホ、あるいはタブレット対応とかでできたら良いかもですよね。
PhotoshopやLightroomが一番メジャーなところですが、どうしても機材問題があるので……ノートパソコンとか持ち込みでも良いのですが、みんながみんなそういう感じでもないので。
そして、最近、ほんとモバイル環境で十分な感じでいろいろできるようになってきていますしね。

自分もiPadで今macbookで作業している一通りがIPadに置き換えられるのであれば、そっちに移行したいのですが。
個々の作業だけであれば良いかもですが、細かい点になるとまだまだ難しい点があって……

ところで、アプリはに関しては、
今回も時間の関係上、具体的な話までは展開せず紹介のみになりましたが、Snapseed(Google)とAdobe Photoshop Fix(Adobe)こちらを紹介していました。無料で相当なところまでできるので、一瞬「なんのためにAdobeに毎月フル課金しているのか」目を覆いたくなる感じです。

さて
そんなこんなで今回はスマホのカメラの話でして、
スマホのカメラも、カメラはカメラ、ということで基本概念は同じような感じで、ただレンズが固定なので、得意な部分とそうでもない部分があります。

レンズひとつの場合と2つの場合とでどういう違いがあるのか、
どういう場面を得意としていて、それを補うためにはどうするのか。もしくはそれを前提に画面を考えるとしたらどうするのか、みたいなところをざざっと。90分の内の座学の部分は30分〜40分程度になるので、だいぶ駆け足になってしまいますが、基本ということで……

あとは、実際に外に出てみて撮ってみることも。マルシェ超賑わっていました。
しいたけのスープおいしかった。。
野菜から食器類までいろんなものが並んでいるので、いざ考え出してみると逆に迷うことが増えてしまうかもしれません。

ひとまず「おっ?」っと思ったら撮ってみる。
最初のうちはそれも良いのかなと思います。

次回はなにかテーマを作って撮ってみてもらうとかも良いかも、とも考えています。
やっぱりその方が、ひとつ目的ができるので実験するにしても良いかも?とか。

このへんで大体時間一杯な感じで、軽く撮ったものを拝見したりしましたが、
講評は別途オンライン的にやろうと考えています。

いろいろ試行錯誤しながらですが、2019年もいろいろ計画していきますので、ぜひ宜しくお願いいたします。

(発信力も高めていかねば……こっっそりツイッターも始めているので宜しくお願いいたします。)

2019年2月より新スタイルで始めます

従来の「写真教室」のスタイルからもうちょっと考え方を変えようと思っています。 http://kittsha.com/admission