よくありそうな質問

2017年8月10日更新

A:カメラはどんなものが必要?

Q:スマートフォン・コンパクトデジカメ・ミラーレス一眼・一眼レフカメラ・フィルムカメラ・写ルンです・チェキ、なんでもいいです。

ただ、講義の部分で「レンズの種類について」「光の捉え方:絞りとシャッタースピード、そして感度」などの話をカリキュラムとして組みますので、よりそれらを実践するとしたら、コンパクトデジカメ/ミラーレス一眼/一眼レフカメラが十分に効果を確認できるものになります。必要であればヨドバシカメラへツアーとか企画しても面白いかも?
整理すると以下の通りです。

  • スマートフォン(アプリを使えば擬似的に表現できるかとは思います)
  • コンパクトデジカメ(一部機種で細かい点が簡略化されている可能性があります)
  • ミラーレス一眼(十分に対応できます)
  • 一眼レフカメラ(十分に対応できます)
  • フィルムカメラ(対応はできますが、その場で確認できないのと現像など時間差が発生するので)
  • 写ルンです(もはや止めはしません)
  • チェキ(これはこれで貫いてみるのも面白いかもしれません)、

※たとえばiPhone6以上はそのへんのカメラよりもむしろキレイに撮れたりしますし、写ルンですやチェキでもその基本性能をキチンと把握して「なにが得意でなにが苦手」ということを踏まえれば良い作品は撮れると思います、がフィルム系はプリントまで時間がかかるのと、チェキも大きくはないので、みんなで見るというのには余り適していないですし、この辺はどうしてもこれでないといけない理由がなければオススメはしません。

A:休んだ場合などの対応について

Q:今回が最初の期ですので振替などについては検討事項にあります。
一応、カリキュラムの順序も考えて組み立てているので、通してご参加いただけるのが幸いですが、、
たとえば2回(全体の1/3)までは次の期あるいは、午前と午後どちらかにて、など。
人数が集まりそうでしたら、ピンポイント復習回を実施しても良いかもしれません。