2020年になりました!今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

あけましておめでとうございます!

2020年元旦の井の頭公園

2019年はけっこうあっという間に過ぎ去っていった感じでした。
夏頃に本多自身が、ではありますが吉祥寺のコピスや武蔵境のQuOlaのギャラリーなどで展示もさせていただいたり新しい動きはありましたが、教室そのものの動きとしては形態のシフトもしながらでいろいろ手探りな部分もありました。

昨今の「写真教室」というプラットフォームも大きく変革のタイミングのようだなと感じています。

そもそも情報だけだったらいくらでも手に入る時代でもあるので。
2020年になってさらに今後の、これからの時代に必要なスタイルはなんだろう、ということを考えていきたいと思っています。

吉写もそういう観点でいうと「教室」という名称は薄めていきたいと考えているところがあります。
もちろん必要に応じて「知る・学ぶ」の機会は必要ですが、一律のカリキュラムを敷いて、というのはどんどん難しい時代だと思うので、むしろそういうのは個別対応にしていけたらと。

2020年は特に以下のポイントを考えていきたいと思います。

  • 吉祥寺、三鷹・・武蔵野市を中心とした「地域性」をもっと活かしていきたい(一方でそのエリアだけに閉じこもるだけでなく掛け合わせることで生まれる機会もいろいろできたら良いかと)。
  • 基礎や基本も大事ですが、習うより慣れろの精神で「撮ること」「見せる(共有する)」ことをやはりメインにしていきたい
  • 展示を見に行く機会の共有ももっとしていきたいですね(とりあえず1月2日は東京都写真美術館が2階・3階展示を無料開放しているなど)

あと、第3日曜日のスマホで街撮り歩きのようなレギュラー枠も増やしていきたい。
とにもかくにも2020年もぜひどうぞ宜しくお願いいたします!