なぜ今、写真教室?なぜ吉祥寺?

Instagramやfacebook、twitter・・写真はいまやコミュニケーションの手段として大切なものになっています。
普段なにげなく撮っている写真はつまりあなた自身を表す言葉と同じです。

今の時代、一人でもいくらでも撮れて、いくらでも見せられる手段はありますが、
写真教室という場は単にテクニックを習うだけでなく、
定期的に自分の視点を見せたり他人の視点が見れたりする環境に参加することで、
気づきを得るということにつながります。

写真という共通点を通じて共感できる仲間に出会えるのが写真教室という場だと考えています。

吉祥寺という場所は自分にとって馴染みのある地元エリアでもあり、
アートな文化の気配もあってさまざまなインスピレーションを受けてきました。
にも関わらず「写真」というジャンルに実は特化していないことに気がつき、
この場所でその文化が開花していくと良いなと思っています。

そういうポテンシャルが吉祥寺に、その吉祥寺に集まってくる人たちにはあると思うのです。

9月開講クラス募集中!

» 投稿一覧へ